FC2ブログ
ツイッターパーツ

あの日から1年

2011年3月11日14時46分。
東日本大震災から、1年が経ちました。
あの日から、日本が、東北が、故郷の福島が大きく変わってしまいました。
あっという間の1年のような、まだ1年しかたっていないのかと思うような…。
あの日、私は実家福島から遠く離れた東海地方にいたのですが、
そこでも震度3の揺れを観測しました。
すぐにテレビをつけ、震源が東北だと知り、ここでこの揺れでは
東北はいったいどんなことになっているのか・・・
実家の両親を、離れた親族を案じました。
その後、テレビからは、あの恐ろしい津波の様子がリアルタイムで映し出されました。
まるで映画か何かを見ているような、リアリティーのない映像・・・。
本当に現実に起こっていることなのだろうか。
それでも電話の向こうから聞こえてくる両親の声や親族の様子は現実味を帯びていました。
実家から遠く離れたことをこれほど悔んだ日はありませんでした。
一番大変だった時に、そばにいてあげられなくてごめんなさい。

そんな気持ちだった時、漠然とパソコンに向かって描いた絵が、今頃出てきました。
ちょうど1年前は、みんなそれぞれが過酷な現実と立ち向かっていたけど、
1年たった今は、少しずつですが状況が変わりつつあります。
1年前は、みんなの状況を、電話の向こうから、ただ心配するしかできなかったけど
今は先の「充電旅行」でみんなの元気の顔を見てきたから、とりあえずひと安心
もう遠く離れたくない。大好きなみんなの近くに、福島にいたいよ。



原発から半径20km以内に嫁いでいった、いとこのおねえさん。
かわいい姉妹と、旦那さんの親族もみんなひきつれて、実家会津に避難してきました。
しばらくは、市の体育館での避難生活を余儀なくされました。
それでも幼い子供たちは元気で、その様子にあたしまで励まされました。
「今日は救援物資のあかべこサブレーを食べたよ!」と写メも届いて嬉しかったな




自衛隊員の、いとこおにいさん。
震災があってすぐ、東松島市に1か月以上の救助活動に向かいました。
「ひげも全然剃れてない」ってひげボーボーの写メも見せてもらいました。
お仕事とはいえ、本当に想像もつかないような過酷な現場だと思います…。
松島は修学旅行で行ったし、仙台に住んでいるときも何度も訪れた思い出の地です。
あの日本三景の一つも、早く元の姿を取り戻してほしい。




郡山で看護婦さんをしている、父方いとこおねえさん。
放射能の恐怖を背中に浴びながら、それでもいつもの倍以上の患者さんの対応を
こなしていると思うと、胸が痛くなります・・・。
がんばりやさんだから、倒れてしまわないか心配で・・・。
今はほとんど、通常どおりの病院に戻りつつあるとのことで安心しました。




おととし入籍したばかりの、東京のいとこ。
旦那さんはなんと東電の社員さん。
大企業の旦那さんでうらやましい♪と思っていたら、こんなことになるなんて…。
計画停電や原発問題などの対応で、走り回る毎日。
家で待っているいとこは、どれほど心配していたことだろうか…。




横浜に住む弟。地元を離れ、大都会の混乱に巻き込まれていました。
震災があった日、職場のホテルのレストランの厨房にいたそうですが、
帰宅困難の人々に料理をふるまったり、ホテルの部屋を無料開放したり、一晩中ボランティアに徹していたそうです。
会社の方針でしょうが、それでも我が弟ながら、本当に誇りに思います。
その後は電車が通常通り動かなかったり、コンビニの棚も空になったり、
計画停電の影響を受けたりと、田舎に住む私には想像もつかないような事態になっていたそうです。
「仕事でテレビもネットもできないから、オレの地域の計画停電の時間調べてくれない?」って
連絡あったとき、お姉ちゃん、うれしくなって、それはもう必死に調べたんだから




そして、実家の家族。
父は小さな家電販売店を営んでいますが、商品入荷のめどが立たずに困っていました。
母は婦人会で、同じ福島県の浜通りの避難所へ届けようと、炊き出しに通う毎日。
ばあちゃんは、大好きな編み物の毛糸が買えずにさみしそう。
そして一番急を要するのがロンのごはん。ペットフードを買いに行くのに、車で片道2時間の距離なのですが
ガソリンがなくて、ロンのごはんも、ばあちゃんの毛糸も買いに行けません。
ヤマト便がいち早く福島の会津地方の運送を再開したと聞いて、私はロンのごはんとばあちゃんの毛糸を送りました。
このときはじめて、この震災があって初めて何か役に立てたと思い、うれしくなりました。



こうして振り返ってみると、本当に激動の1年でした(私以外は
今は避難所で過ごしていたいとこ一家も、被災者援助で入居できるマンションを見つけ、
仕事も見つかり、子供達も学校に楽しく通えています。
でもやっぱり、いちばん気がかりなのが原発問題。
これが解決しないと、もとの福島はかえってきません。
見えない恐怖を感じることが、これほどのものとは。日本全土が震え上がっています。
原発事故が、何十年単位で解決していくなんて、知りませんでした。
それでも早く、少しでも早く、安心して暮らせるもとの福島が戻ってくることを願ってやみません。


あの日を、忘れないように・・・

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

東日本大震災から一年

毎日を当たり前のように過ごせる事は
実は当たり前じゃないと実感した日

普通に暮らせることが
どれだけ幸せなことかを思い知らされました。


今もまだつらい生活を強いられている方々や
被災地にいる動物達も
少しでも早く安心して暮らせるようにと
祈るばかりです。

MINKmamaさん

コメントありがとうございます。

そうですね。本当に「当り前」のありがたさを実感した1年でした。
身内が被災者なので、より一層思いが強くなりますが、
でも身内だけではなく、東北全体の復興を願っています。

たくさんの被災動物たちも、まだまだ沢山いますよね。
ボランティアで一時預かりしている方のブログも見たことがあります。
1匹でも多く飼い主のもとに戻れたり、新しく幸せな生活を送れますように。
ブログランキング
ランキングに参加してます!
応援してもらえたらやる気アップします♪



お気にショップ
twitter@kitty
プロフィール

くちるくちん

Author:くちるくちん
自称貧乏キティラーのくちるくちんです。
キティへかける愛は金額とイコールじゃないっ!
リーズナブルなキティグッズを求めて、プラチナキティラーならぬリーズナブルキティラーを目指します!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Ace-Analyzer
口臭・体臭予防サプリメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>
オススメ!
リンク
検索フォーム
忍者AdMax

忍者アド